予防接種・健康診断

当院では豊富な種類の予防接種を実施しており、幅広い飼い主さまのニーズに対応することができます。待ち時間の間に受けさせたい予防接種やご希望の予防薬を、飼い主さまが決めていただくことが可能です。もちろん、判断に迷われる場合はスタッフからも直接アドバイスを差し上げています。

予防接種

わんちゃんは日々のお散歩で命に関わる感染症に感染することも珍しくありません。ワクチン接種を注射すれば、そうした感染症を事前に防ぐことができますので、必ず予防接種を受けるようにしましょう。

ねこちゃんも同様に、死に至るような感染症をワクチン接種により防ぐことが出来ます。当院では様々な種類の予防接種を実施しております。気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

犬混合ワクチン

犬ジステンパー

死亡率が高い恐ろしい感染症です。子犬が比較的かかりやすい傾向があります。発熱、下痢、神経症状などが主な症状ですが、全身が冒されることでさまざまな後遺症に悩まされます。空気感染や感染犬から感染する可能性があります。

犬伝染性肝炎(アデノウイルス1型感染症)

感染犬の尿や便・唾液などから感染する、肝炎を主としたアデノウィルスによる感染症です。主な症状に嘔吐や下痢・食欲不振などが挙げられ、目が白く濁ってしまうこともあります。子犬に感染した場合、一晩で死亡してしまうこともあります。

犬伝染性咽頭気管炎(アデノウイルス2型感染症)

肺炎や扁桃炎といった呼吸器病が引き起こされる感染症です。感染犬との接触や感染犬のせきやくしゃみなどによる空気感染で、アデノウィルスが感染することがあります。

犬パラインフルエンザ感染症

アデノウィルスや細菌と一緒に、パラインフルエンザウィルスがケンネルコフと呼ばれる犬のカゼ症状を引き起こす呼吸器病です。代表的な症状には、激しいせきが挙げられます。そのほかには鼻水、扁桃腺炎を起こします。感染犬との接触や、感染犬のせき・くしゃみなどから空気感染することがあり、感染力が非常に高い感染症です。

犬パルボウイルス感染症

感染犬の便や嘔吐物などから感染する病気です。血液を含む下痢や嘔吐が現れることで有名な腸炎型と、子犬に突然死をもたらす心筋型があります。伝染力が強く、死亡率も高い感染症ですので注意が必要です。

犬コロナウィルス感染症

腸炎を引き起こし、下痢や嘔吐といった症状が出る感染症です。感染犬の尿や、便からの経口感染が感染源となります。パルボウィルスと混合感染するケースでは症状がさらに重度化するため、コロナウィルスとパルボウィルスを一緒に予防することがとても重要です。

レプトスピラ症(人獣共通感染症)

感染犬やネズミの尿が感染源となり、屋外で活動する機会の多いわんちゃんほど感染しやすいため、予防が大切な病気です。

症状のタイプはさまざまで特に症状が出ないケースもあります。人と動物共通の細菌によって人にも感染し、腎臓や肝臓がおかされてしまう恐ろしい伝染病です。

猫混合ワクチン

猫ウイルス性鼻気管炎

子猫の場合には、死に至るケースも多い感染症です。症状としては、初期にはせきやくしゃみ、発熱、鼻水といった風邪の症状が続き、悪化してくると目ヤニが多くなり、角膜炎や結膜炎を引き起こすようになります。

感染力がとても強い上、回復してもウイルスは体内に残り続けることから、ストレスなどが原因となって症状が再発することもあるので注意が必要です。他のウイルスとの混合感染が多いといった特徴もあります。

猫カリシウイルス感染症

他のウイルスとの混合感染で合併症を引き起こすと、死亡するケースもある感染症です。

せき、くしゃみ、鼻水といった風邪に似たような症状が続き、病気が進行するにつれて、舌や口の周りに水疱や潰瘍がみられるようになります。中には肺炎を引き起こすケースもあります。

猫汎白血球減少症

子猫、若いねこちゃんに発症するケースが多く、パルボウイルスが病原体となる白血球が極端に少なくなる病気です。「猫パルボウイルス症」とも言われています。

最も危険な“急性感染症”のひとつで、体力がない子猫などは1日で死ぬこともあり、死亡率の高い感染症です。妊娠中のねこちゃんの場合は、胎児に影響することもあります。症状としては、高熱、嘔吐、強い腹痛、食欲がなくなり、下痢がはじまると脱水症状が現れます。

猫白血病ウイルス感染症

一般的な症状には、体重減少、発熱、脱水、鼻水、下痢などが挙げられますが、免疫機能が弱まるため、さまざまな症状が引き起こされます。白血病やリンパ腫、貧血、流産などを起こすほか、他のいろいろな病気にもかかりやすくなる感染症です。

治療が困難な病気のひとつで、発症したねこちゃんのうち約8割が3年以内に死亡すると言われています。そのため、まずは予防が第一となりますが、もし感染してしまった場合は感染の拡大を最小限に抑制していくことが重要です。ウイルスは感染猫の血液、唾液、涙の中に大量に存在しており、尿や糞便中にも多く含まれています。特に感染猫の唾液や鼻汁に長期的に接触することが感染の原因となることが多く、グルーミングや食器の共有でも感染する可能性が高まります。

猫クラミジア感染症

細菌でもウィルスでもない病原体であるクラミジアによって引き起こされる猫風邪の一種です。一過性の発熱、食欲不振、体重減少といった症状があり、猫同士の接触で感染するほか、人に感染してしまうリスクも考えられます。クラミジアが目や鼻から体内に侵入したことが原因で、粘膜の炎症が引き起こされます。目ヤニを伴う結膜炎を発症するほか、子猫が発症したケースでは、上部呼吸器にも症状がみられ、感染が長く持続してしまう場合もあります。

予防接種の接種回数

ワクチン接種でつくられた免疫は、一生続くものではありません。わんちゃんもねこちゃんも1才未満の時期に回の予防接種を行います。大人になっても定期的な接種をおすすめしています。

狂犬病の予防接種について

治療方法がない狂犬病は、致死率100%の恐ろしい病気です。年に1回の狂犬病予防注射が法律で義務付けられています。

ワクチン接種済証

当院ではワクチン接種後に必ずワクチン接種済証を発行しています。

ペットホテルなどをご利用する際には、感染症の観点からワクチン接種済証がなければ、わんちゃんやねこちゃんを預かれないという施設がほとんどです。加えて、わんちゃんの場合、たくさんのわんちゃんと触れあうトリミングやドッグランといった施設で感染症が流行してしまう可能性も高まりますが、ワクチン接種済証があることで、ペットも家族も安心して遊んだり、お手入れをしたりできます。

フィラリア症

蚊から感染する「フィラリア症」

フィラリア検査病気を持った蚊に刺されることにより、体内に寄生虫が感染してしまう病気です。

蚊が吸血する際にフィラリアの小虫がわんちゃんの体内に入ることで感染し、体内に侵入したフィラリアの子虫は、成虫になると15〜25㎝ほどに成長します。フィラリアの成虫が心臓へ達することが原因で、さまざまな症状が引き起こされます。わんちゃんに食欲がない、元気がない、せきが出る、お腹が腫れる(腹水)、貧血する、失神するといった症状があれば、早めにご相談ください。

病気を持った蚊にねこちゃんが刺されてしまうと、ねこちゃんもフィラリア症に感染してしまいます。

フィラリア症を防ぐ方法

蚊の発生時期にあわせて予防することで、フィラリア症の感染を防ぐことができます。お薬の投与を開始する前に感染の有無を調べるため、まずは血液検査を行います。春には期間限定の血液健康診断も行うことができますので、お気軽にご相談ください。フィラリア症の予防薬には、錠剤タイプ、おやつタイプ、背中に滴下タイプ、注射タイプなどをご用意しています。

注射タイプのフィラリア予防薬は、毎年在庫が限られていますので、ご希望の方はお早めにご来院ください。

予防の目安時期

フィラリアの予防薬を投与する時期は、蚊が発生し始める時期〜蚊がいなくなった時期の1ヵ月後までが最も効果的です。(フィラリア予防薬は、フィラリアに感染した後の1か月以内に薬で駆虫してフィラリア症を治療する薬だからなのです)

当院では投与スケジュールを立て、わんちゃんの感染を防ぐための最善の方法をアドバイスいたします。気候の影響で多少のズレが生じたり、地域によっても差があるので、まずは早めにご相談してください。

春限定!当院のフィラリア健診セット

フィラリア採血と併せて、健康診断もしてみませんか?

当院では、フィラリア検査に加えて、血液健康診断も行える 、期間限定のフィラリア健診セットを行っています。詳しくはスタッフまでお声がけください。

 

ノミ・マダニ予防

ノミ・マダニ予防ノミやマダニはほとんどの場合、野外でくっつきます。わんちゃんの場合は草むら、野山、ドッグランなどのお散歩コースで感染することがほとんどで、ねこちゃんの場合には、放し飼いであれば野良猫との接触やお散歩でくっついてしまいます。

しかし、飼い主さまやご家族が外出先で洋服や靴にノミやマダニをくっつけてしまい、それがわんちゃんやねこちゃんにくっついてしまうこともあります。そのため、室内で飼育しているからといって、ノミ・マダニが感染するリスクが全くないわけではありません。

飼い主さまなどにくっつき、持ち帰ってしまったノミやマダニは、暖かい室内で繁殖します。ノミやマダニがわんちゃんやねこちゃんに感染することを防ぐためには、常に清潔な状態にしておくことも大切です。

マダニが与える人への被害

わんちゃんやねこちゃんをマダニから守るためには、正しい知識を身につけることが大切です。マダニに刺されないようにすることが第一ですが、お散歩で草むらに入るわんちゃんやねこちゃんの予防法としては、お薬で予防するのが最も効果的です。最近では、SFTS(重症熱性血小板減症候群)に感染したわんちゃんやねこちゃんから、人への感染が疑われる例もありますので注意が必要です。

ノミ・マダニの予防薬

おやつタイプや背中に滴下タイプなどがあります。また、フィラリア予防やお腹の虫下しも同時に可能なオールインワンタイプのノミ・マダニのお薬もあります。予防薬の投与後に何か気づいた点がありましたら、ご遠慮なくご相談ください。

歯周病予防

デンタルドッグ人と同じように、動物の場合でも健康の維持には歯とお口のケアが不可欠です。ケアを怠ってしまうと、歯周病をはじめとするお口の病気に罹ってしまうリスクが高まります。痛みから攻撃的になってしまったり、重度の歯周病の場合は全身に歯周病菌がまわって体調を崩してしまう可能性もあります。

歯磨きをはじめとしたお口の手入れをしていただくなど、飼い主さま自身がわんちゃんやねこちゃんのお口の状態に気を配るようにすることが、こうした事態を防ぐためには大切です。とはいえ、もともとお口のケアを嫌がるわんちゃんやねこちゃんも多いことに加え、どのような状態が正常なのかがわからないという方も多いかと思います。ケアの仕方でお困りの飼い主さまは、ぜひ当院へ一度ご相談ください。

お口ケアのための動物用歯ブラシやガーゼ、歯みがきグローブなど直接歯垢を除去してあげるものや、動物用歯みがき粉や歯周病予防サプリメントなど、お口用のグッズを様々取り揃えております。また、自宅でのケアが困難なほどの歯周病の場合は全身麻酔下による歯石除去手術を行うこともできます(要予約)。

全身麻酔下による歯石除去手術

歯石除去前

歯石除去前

歯石除去後

歯石除去後

犬猫健康診断セット

日帰りの半日健診となります。検査当日は最低でも3時間以上の絶食が望ましいです(要予約)。単品で検査を行うよりも割安となっております。詳しくはご相談ください。

Aセット

  • 身体検査
  • 血液検査(10項目)
  • 尿検査
  • 便検査
  • レントゲン検査(胸部・腹部)

Bセット

  • 身体検査
  • 血液検査(15項目)
  • 尿検査
  • 便検査
  • レントゲン検査(胸部・腹部)
  • 腹部or心臓超音波検査

Cセット

  • 身体検査
  • 血液検査(17項目)
  • 尿検査+尿特殊検査
  • 便検査
  • レントゲン検査(胸部・腹部)
  • 腹部or心臓超音波検査
  • 犬急性炎症蛋白(CRP)

血液検査のみ健診セット

外注検査のため後日結果報告

その他オプション

フィラリア検査、猫エイズ検査、猫白血病検査などを追加して行うことも可能です。

パピーキトン健康診断セット

※1歳未満の子犬・子猫を対象とします。
小さい頃から定期健診を習慣づけてみてはいかがでしょうか?

Aセット

  • 身体検査
  • 便検査
  • 耳垢検査
  • 耳そうじ、爪切り、肛門腺しぼり

Bセット

  • 身体検査
  • 便検査
  • 耳垢検査
  • 胸部腹部レントゲン
  • 耳そうじ、爪切り、肛門腺しぼり